ヘアサロンで大失敗!ネガティブバイアスに飲まれて最悪な1日に…

未分類

こんにちは、ブロガーの夢乃です。

ロングヘアからロブになり、今回もう少し短くするべく四条にあるヘアサロンへ行ってきました。

なんか不安だった…その直感がガッツリ的中!

カットとヘッドスパのクーポンで、日頃の疲れを癒そう!ボブにしてもっとさっぱりするぞ!という気持ちで入店。

でも、なんだか不安でした。
『失敗することになるかも』と感じていたんです。

というのも、私はこの日朝からイライラしていて(女性特有のあの時期です…)、バスの中で四条へ行ったら銀行で入金する予定だったお金とカードを家に忘れ、バスの中で読んだYahooニュースの記事で非常に重い気分になっていました。

なんか今日運勢悪そう…

そんな風に感じてしまい、『いやいや、でもそういう風に思うと次々悪いことが起こるから気分変えよう』と別のサイトを見て少し気分転換してサロンに向かいました。

サロンに入り席に通され担当のお兄さんと施術前の確認をしていましたが…

『ヘッドスパはクイックスパなので5分位の短いものです』

え?5分!!たったの5分!?

今回、カットと同じくらいヘッドスパも期待してたのに5分って…。
実はサイトにスパの時間は書いていなかったんです。
他の同じくらいの価格帯のお店が20分程度だったし、カットとヘッドスパで60分と表示されていたから流石に5分なんて考えていなかったんです。

あ〜、選んでたときの別のお店だったら20分だったのに…失敗した

でも事前に確認すればよかったなと思ったし、お店側もウソを行っているわけではないのでこれは仕方がない。

次に、
『うちカード使えないんで、現金のみとなります』

げーっっ!カードがあるからと思って現金いくら入ってるか確認してなかった。

だが、しかし、これも私が事前にちゃんと確認しなかったせいだ。仕方がない。
お金はちゃんとあったので、そのままヘッドスパへ。

5分とは言え至福の時だ。
短い時間で堪能しよう…

『ん?え?何これ痛い…』

こめかみを過剰に押され、ヘッドスパと言うより頭痛体験。
こんな癒やされないヘッドスパ初めてだ…。
しかも終わった後も押されたこめかみがジンジンして、本当に頭痛起こしてるときみたい。

最悪だ…!!!!!!!!

でも、カットで厄も一緒に落としていこうじゃないか、と気分を入れ替えカットに入る。

今までヘアサロンで微妙な髪型になった経験はなかったんですよ。
微妙な経験としても、サロン出た時はすごく良かったのに自分でやったらまとまらないとかその程度。

…が、ブローされている自分の髪の毛は広がりまくりの『おかっぱ』って感じ。

なんだこれ、ダサーい!!

心の中で叫んじゃいましたよ…
うそだろー、鏡に映るこの古典的なおかっぱ頭はなんなんだ!!!!!

担当のお兄さんは『こんな感じで大丈夫ですか?』と聞いてきた。
全然大丈夫じゃない。
最悪だ。
こんなことなら切りに来なきゃよかった。
心からそう思った。

でもこのお兄さんにこれじゃ微妙だと言ったところで、手を加えてさらにダサくなりそうで、もう作り笑顔で『大丈夫です』というしかなかった。

予約時クチコミを書くと言っておくと割引されるサービスがあったけど、施術前に聞いてみると『クチコミはお店で書いていってもらいます』とのこと。
『え、それじゃ本音書けなくない?』と思い、これも不安要素の1つでした。

幸い、会計時のお姉さんも担当したお兄さんもそのこと忘れてたのか施術後に何も言われなかったので、思い出される前にとっとと帰ろうと、そそくさと後にしました。
(家に帰ってからクチコミは投稿しました)

次々に悪いことが起こる…今日はなんて最悪な日

本当はボブにして気分も明るく、自分をいい方向へ変えていけるように安井金比羅宮へお参りに行き、せっかく四条に来たんだからカフェでブログ書いたりしようかなと思ってました。

でも、このおかっぱ頭を晒しながらお出かけなんてできん!
もうこれは帰るしか無い!とバス停へ向かっている途中マックを発見。

こんな日だから贅沢なランチ食べるのももったいないしマックに入りアプリでクーポン見ようと思ったら、

『アップデートして下さい』

あぁ、アップデートしないとクーポン見れないのね。

…アップデート完了。
クーポンを開く⇒アプリが落ちる
クーポンを開く⇒アプリが落ちる
クーポンを開く⇒アプリg…

『またか…』

マックで少しでも気分転換できたら…と思ったのにもういいやとバス停へ向かって歩いてる時、信号が青だったから小走りしたら、すぐ点滅して横断歩道へ着いた頃には赤に。

恥ずかしっっっっ!!!

31歳おかっぱ頭が、小走りしたのに赤で渡れなかったとか、もう恥ずかしっっっっ!!
今日はもう何しても良いことは起こらないと思って帰宅。

お昼ご飯…作る気力ないな。
こういう自分を励ましたい時にはチャーミングチャーハンです。(※過去の記事に飛びます)
いつも15分くらいで持ってきてくれるこのお店。
『出前をお願いしたいんですけど…』
『40分程お時間いただきます』

まさかチャーミングチャーハンまで…とも思ったけど、40分経ってもまだお昼時だし気を取り直してそのまま注文。
25分後、予定よりも15分も早くチャーミングチャーハンの出前が届きました。

さすが、チャーミングチャーハン。
ありがとう、チャーミングチャーハン。

好きな番組見ながら、チャーハンと大好きな唐揚げを食べて少し気分も回復。
まったく今日は散々だったよ…と思えるくらいになったら1通のメールが。
これまた気分がモヤモヤするような感じでして、一気に胃が痛くなったのでした。
残ったチャーハンと唐揚げは冷凍庫へ。

今日はひたすら微妙な1日でした。
『ごめんなさいっ!12位は魚座のあなた!』と言われたら大いに納得できる1日。

その出来事本当に悪いこと?ネガティブバイアスに飲み込まれた私

さて、どうしよう。
落ち込んでいてももっと悪いことを引き寄せるだけだ。

そう、私は朝イライラした気分から始まり、気づけばネガティブバイアスが強くなり、気持ちを入れ替えようと思っても、変わりきれませんでした。

人はポジティブなことよりネガティブなことに対して敏感になりその習慣が積み重なったことにより脳に出来上がった回路、これをネガティブバイアスと呼ぶのです。

『脳はポジティブな体験はテフロンのように、ネガティブな体験にはマジックテープのような働きをする』と、どこかで見たことがあります。

ネガティブバイアスが働くと、ネガティブで無いことでもネガティブな部分を探してそこに反応してしまう。
この日の私はまさにこれでした。

もしヘアカット事件がなく普通に過ごしていた日なら、赤信号でいちいち『あぁ…』とはならないし、メールも『この人はきっと私を責めてるんだ…』なんて考えなかったと思うんですよ。

起こったことをどう解釈するかで見えてくる世界が変わってくるんですよね。

髪型に関しても、自分では『最悪』『ダサい』と思っていますが、案外周りは『別に変じゃないよ?何が気になるの?』って感じなこと多いですよね。
気にしてるのは自分だけかもしれない。
逆に今のままじゃ嫌ならヘアアレンジのテクが向上するかも。

立て続けに悪いことが起こったら、それはネガティブバイアスの罠に引っかかってしまっています。
大事なのはそれに気づくこと起こったことを客観的にみてみることチャレンジはやめないこと
このヘアカット事件で私はまた少し強くなれたような気がします。

いつか『ダサいおかっぱ頭のおかげで今がある』と思えるくらいに変わりたいです。
4000円も払ったんですからね。笑
この経験に価値を見いだせるかは、自分次第!

コメント