ペンネームに悩む人は神社で命名してもらうというのはどうでしょう?

未分類

こんにちは。
10月も終わりに近づいてきましたが、ふと足を見たら蚊が5匹止まって血を吸われかけてた夢乃です。
この時期でも蚊まだいるんですね〜。
逆に真夏は暑すぎて蚊がいなかったので、今年は蚊に対して油断していましたがまだまだ油断大敵のようです。

さて、今回は名付けで迷いまくる夢乃が武信稲荷神社にお願いしてペンネームを決めました、というお話です。

めっちゃ考えまくってもすぐに飽きてしまう、ならば…

私の『夢乃(ゆめの)』という名前なんですが、これは本名ではありません。
ブログを作る際に本名はなんとなく恥ずかしいという気持ちがあって、ペンネームを考えたんです。

私はそういう名前を考えるのがすごく好きで、ついつい時間を費やしてしまいます。
でも、飽き性なので『最高な名前が思いついた!』と思っても数カ月後には飽きています。

考える時間を費やしても後々飽きることがわかっている、そうなると考える時間ももったいない、だからといってテキトーなペンネームにしたらより早く飽きが来そう…。

そう考えた結果、神社で命名してもらうのが良いんじゃないかと思ったんです。
ちょうど京都に住んでいるし、命名が有名な神社があるだろうと検索したら結構行きやすい所にありました。

命名ってどんな流れで決めるの?

検索で出てきて今回行ってきたのが『武信稲荷神社』です。
こちらは赤ちゃんの命名や姓名判断で有名で、私のようにペンネームや芸名会社名などの命名も行っています。

赤ちゃんの命名や姓名判断をやっている神社は多いと思いますがペンネームや芸名も受けてますよって神社はどれくらいあるんですかね。
行ける距離にそういう神社があってよかったです。

初穂料を納めるので(1万円〜)タダでやってくれるわけではありませんが、私のようにすぐ飽きてしまったりするタイプの人はこれくらいの方が思い入れもできていいと思うんです

私の場合は銀行振込で1万円の初穂料を納めて、メールで候補をいくつか送っていただきました。
ちょうど新生児の命名が多い時期だったようで、候補をいただくまで少し時間はかかりましたが、候補の名前を7つ送っていただきました。
その名前の持つ運勢を丁寧に書いたものが送られてきたので、自分で考えるよりずっと重みがあります。

悩んだ結果決めたのが『夢乃』でした。

黄色を身に着け神様にご報告・命名奉告祭

候補が決まったら、名前を神様にご報告する命名奉告祭があります。
私は行ける距離だったので、気持ちが上がる黄色の洋服を着て行ってきました。

話が逸れますが、自分のテーマカラーを決めるって良いみたいですよ。
調べてみると色の心理的効果って本当にあるんですね。

色んなサイトで色の効果について書かれていて、今の自分に必要なものやめざしているものの効果のある色を普段から取り入れてみようと最近思い始めたんです。

私が選んだ黄色のもつ力は、明るく・幸福感をもたらす、とされています。
また未来への希望を託す色とも言われているそうです。
好奇心・向上心・変化など、まさに今の自分にぴったりな色だったんです。

話を戻しまして、武信稲荷神社は二条城の近く三条商店街のすぐ近くにあります。
武信稲荷神社はこじんまりした神社で、1人で祈祷するにはちょうどいいかもしれません。

ちなみに境内は植物が多くて蚊もたくさんいて、冒頭でお話したように片足だけで5箇所刺されました。
(夏〜秋はご注意下さい)

今までとは違う、名前に対して感じた希望と覚悟

命名奉告祭を行ったことによって、この名前はもう自分だけがこっそり決めた名前ではなくなります。
神様に『この名前でがんばります』宣言したわけですから、名前に対しても、この名前を使って行う活動に対しても、いい意味で責任が生まれて来ます。

命名して一番良かったことは、その名前の運勢をみて、頑張っていけばこうなれる!頑張ろう!とモチベーションを保つ助けになっていること。

新しいこと始めたいけどモチベーションが続くか心配、飽き性ですぐ別のことに手を出してしまう、これだけはやり遂げててみたい、と思っている方には神社での命名をおすすめします。

頂いた命名書を見えるところに飾っておくのも目に入る機会が多くていいと思いますが、私は家族にブログのことは話してないので、気合を入れたい時にこっそり見る予定です。

最後に

命名は運勢を保証してくれるものではありません。
どんな大吉名を付けたとしても、努力を掛けて(×)いかないと0のままです。

自分の中で、この運勢に向けて頑張りたい!と思えるツールになっていったら、初穂料以上の意味・価値があると私は思います。

コメント