平安時代からのパワースポット!源氏物語に登場する嵯峨野・野宮神社

未分類

映画の撮影にも使われる嵐山の竹林。
その竹林を少し歩いた先に野宮神社(ののみやじんじゃ)があります。

平安時代からのパワースポットでもある野宮神社は縁結びの神様としても有名で、国内外から多くの人が訪れます。

縁結び以外にもたくさんのご利益があり、撫でると1年以内に願いが叶うという『お亀石』など見どころがたくさんあります。

今回はそんな野宮神社をご紹介します。

野宮神社は有名な竹林の中にあります

京都を代表する観光地・嵐山

先月の台風21号の影響で渡月橋の片側が通行できないようになっていましたが、それ以外は今までどおりの雰囲気を取り戻しています。

この日は雨だったこともあり、メイン通りも人が多くなく海外からの観光客や修学旅行生が目立っていました。

紅葉の時期の大混雑を見ているので、人が少ないほうが落ち着いて観光できていいですね。

渡月橋の北側・嵯峨野に広がる竹林も有名な観光スポットです。

映画の撮影でも使われていたので、見たことある!という人も多いのではないでしょうか。

2005年に公開されたハリウッド映画『SAUYURI』でもチャン・ツィイー演じる主人公が乗用車で花見の会に向かうシーンで使われています。

夏の暑い日でもここは涼しげでホッとできる場所です。

竹林を歩いてすぐ野宮神社の看板が見えてきます。

野宮の歴史とは?

こちらが野宮神社です。

野宮とは、天皇の代理で伊勢神宮へお使いする斎王(天皇に代わって天照大神に奉仕する未婚の女性)が、伊勢へ行く前に身を清めるために使われた場所でいくつも存在していたそうですが嵯峨天皇の代の仁子内親王のときから現在の野宮神社が使われるようになりました。

天皇が変わるたびに、任命された斎王は伊勢へ行く前に野宮に移り3年過ごした後、伊勢へと向かったと言われておりとても神聖な場所なのです。

源氏物語の「賢木の巻」にも登場することでも有名で、平安時代からの歴史のある神社です。

野宮神社では毎年10月の第3日曜日に、都から伊勢の斎宮へと向う「斎王群行」と呼ばれる儀式を再現した「斎宮行列」が行なわれています。
斎王行列は野宮神社からJR嵯峨嵐山駅を経由し、渡月橋へと向かいます。

斎宮行列には一般の方も参加でき、優雅な衣装を着て源氏物語の世界を体験することができます
今年、平成30年の募集は8月26日に締め切られましたが気になる方はぜひ来年、野宮神社のHPをチェックしてみて下さい。

野宮神社の中を紹介

縁結び以外にもご利益があるとお伝えしましたが、野宮神社の中にはご神祭の他に5つの境内社があります。

順番にご紹介しましょう

野宮大神(天照大神)

野宮神社の御本殿が、鳥居を入って真正面にあるこちらの野宮大神です。
手水舎で清めたら、まずはこちらにお参りしましょう。

野宮大神は学問の神様です。

ご挨拶が済んだ後はご利益巡りです。

本殿右側にある朱い鳥居をくぐって奥にむかいます。

進むと右手に美しい野宮じゅうたん苔があり、こちらは嵐山の風景を苔で表現しています。

大山弁財天

一番奥にあるのが大山弁財天で、こちらは交通安全・財運向上のご利益があります。

白福稲荷大明神

大山弁財天の手前にあるのが白福稲荷大明神で、こちらは子宝・安産・商売繁盛にご利益があります。

白福稲荷大明神の近くには子宝・安産を願うたくさんの絵馬がかけられていました。

秋篠宮殿下と紀子様が訪れてすぐに誤解にされたこともあり、野宮神社は子宝のご利益でも有名なのです。

愛宕大神

本殿右隣にあるのが、愛宕大神です。

こちらは健康・知恵授けのご利益があります。

愛宕大神の前にはこのような看板も。

白峰弁財天

本殿左側にあるのが白峰弁財天です。

こちらは財運・芸能上達のご利益があります。

野宮大黒天

白峰弁財天の前にあるのが野宮大黒天

縁結びのご利益があるため、野宮神社の中でもここがお目当ての方も多いと思います。

これまでに紹介した社と雰囲気が違うため、この日も『縁結びのご利益があるのはどこ?』と探している女性たちがいましたが、こちらに参拝しましょう。

お亀石

野宮大黒天の左横にある神石『お亀石』をなでながらお祈りすると、 1年以内に願い事が成就すると言われています。

全ての参拝を終え、最後にこちらでお祈りするのが良いようです。

実際に願いがかなったという口コミも多いそうです。
『1年以内に』と期間が決まっているので期待も高まりますね。

野宮神社のお守り

野宮神社にはたくさんの種類のお守りがあります。

学生さんにおすすめの学業御守合格御守えんむすびの御守り、勝負に勝つ勝守、芸能・趣味・習い事の藝御守、女性に嬉しい美し守というのもあります。

源氏物語の絵巻を参考に、光源氏と姫君が刺繍された雅御守は源氏物語が好きな方にプレゼントしたくなるようなお守りです。

 

いかがでしたでしょうか?

縁結び以外にもご利益があり、歴史のあるパワースポット・野宮神社
嵐山観光の際にはぜひ参拝してみてください。

アクセス

【野宮神社(野宮神社)】
〒616-8393 京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
075-871-1972
参拝時間 9:00〜17:00

コメント