芸能神社だけじゃない!金運・良縁・厄除け・学芸・人気運の車折神社

未分類

京都の神社で玉垣がぎっしり並んでいる朱い場所、写真やテレビで見たことありませんか?
たくさんの有名芸能人の名前が書かれた玉垣が並ぶそこは、車折神社の中の風景です。

芸能人がたくさん訪れる場所として人気ですが、それは車折神社の中の『芸能神社』のお話。
車折神社の中には芸能神社だけでなく、本殿弁天神社清めの社地主神社天満天神社清少納言社水神社などがあり、以前京都で『文章力を上げる神社』を調べてみました!でもご紹介したとおり、学業成就のご利益もあるんです。

他にも、金運・良縁・厄除け・美・人気運・商売繁盛…と、とにかくたくさんのご利益があります。

今回はそんな車折神社をご紹介します。

バスを降りてすぐ、車折神社の中へ

バスで三条通を進み、太秦よりも先の嵐山の方へ向かっていくと『車折神社前』というバス停があります。
そちらを降りたらすぐのところにあるのが車折神社です。

芸能人が多く集まる人気スポットとあって、お参りに来ている人も多いと思っていたら、この日は雨だったからか人もそこまで多くなくゆっくり参拝することができました。

車折神社は平安時代後期の高名な学者であった清原頼業をお祀りしています。

鎌倉時代に後嵯峨天皇が嵐山を訪れたとき、車折神社の前で牛舎の轅(ながえ※牛を引っ張る部分)が折れて動かなくなってしまいました。

天皇はご祭神に気付かず前を通ったことを詫び、「車折大明神」の神号を贈り車折神社と呼ばれるようになったといわれています。

この日は女性同士の観光の方修学旅行の学生さんが多かったです。
タクシーの運転手でしょうか?一緒に歩いて車折神社のお話をしていました。
私の学生時代とは違い、今は修学旅行でタクシーを使うんですね…贅沢。

でも若い子は芸能神社の玉垣を見るのはひとつの楽しみになるだろうなと思いました。
車折神社は学業成就・試験合格のご利益もありますから、なおさら学生の方にぴったりですね!

台風21号の影響でしょうか、裏参道は現在通行止めになっていました。
今はバスで表参道から参拝することをおすすめします。

まずは手水舎、そして清めの社へ

表参道を歩いているとすぐに芸能神社が見えてきますが、まずは手水舎を目指します。

手水舎で手と口を清めた跡は清めの社を参拝します。

悪運や悪縁を振り切るという清めの社。

清めの社の円錐形・立砂の写真を待ち受け画面にすると運気が上がるということで皆さん写真を撮っていかれるそうです。

財運・幸運・美しさ、女性は必須の弁天神社

心身を清めた後、私は更に奥にある弁天神社をお参りしました。

こちらは財運・幸福・美しさのご利益があるそうです。

文章力を上げる神社』を調べてみました!では清少納言にあやかった才色兼備お守りが気になると言っていましたが、今では金満美麗お守り『華麗なる人生を目指す』という言葉に惹かれ、今回はこのお守りをいただくと決めていました。

事前予習で『お水を奉納すると願いが叶いやすくなる』とあったのでお水がある場所を探したのですが、場所がわかりませんでした。

看板に『緑色の手桶(水入れ)は、必ず元の場所に戻して下さい』と書いてありますがどこにそれがあるのか…、結局弁天神社の周りをウロウロしたものの見つからずそのままお参りしました。

お参りを終え、社務所へ向かっていたら…ありました!

緑の手桶と水があり、こちらから持っていくようです。
順番はおかしくなってしまいましたが、私も水を汲み奉納させていただきました。

表参道から弁天神社へ歩いていく途中、社務所を越えたあたりで左手にこちらがあります

地主神社や天満天神社もあります

弁天神社の先には地主神社がありました。

弁天神社から社務所の方へ向かうと右手に天満天神社もあります。

雷除け・農業・園芸の守護神なのだそうです。

有名な『祈念神石』は本殿へ行く前に

本殿に向かう前に『祈念神石』を授かるために社務所へ行きました。
祈念神石は雑誌などにも数多く掲載され有名で、この日も私が社務所にいた間、社務所に来たほとんどの人が祈念神石を受け取り本殿へ向かっていました。

私は祈念神石のお守り型(700円)、先程の弁天神社の金満美麗お守り(800円)をいただきました。

祈念神石を頂いたら本殿へ。
こちらで祈念神石を両手に挟み願い事を心の中で強く念じます

以前テレビ番組の特集で、神社に参拝する際には、自分の名前・住所・生年月日も伝えるといいと聞いたのでそれ以降ずっとそうしています。

ぜひお参りの際には名前・住所・生年月日をお忘れなく。

私が頂いたお守り型の祈念神石は毎日肌身離さず持ち歩き、お札型の祈念神石(500円)は目線より高い位置に安置し毎日お祈りします。

願い事が叶ったら自宅や海・川・山などで石を1つ拾いその石に御礼の言葉を書き、本殿前に収めます

そのお礼が書かれた石がこちらです。(本殿の真後ろにあります)

ものすごい数です。
この数え切れない石の数と同じだけ、多くの願いが実際に叶っているということです。
すごいことですし、この石たちを見ると自分の願いも叶うかもと前向きな気持になれますね。

大きい石から小さい石まで、本当に数え切れません。
私も早くお礼を書いてこちらに石を収められるよう頑張りたいです。

有名芸能人の名前がたくさん、芸能神社

本殿での参拝を終えたら来た道を戻りながら芸能神社へ向かいます。

超がつく有名人の名前がズラリ!

観光で来ている方たちは『ここに◯◯がいるよ!』と言って盛り上がっていました。
好きな芸能人の方がいる人は見つけたくなりますね。

よく見ると…漫画のキャラクターまで。

芸能神社は人気運が上昇するというご利益がありますので、芸能関係意外のかたも参拝できますよ。

才色兼備の清少納言社・水神社

芸能神社の向かいに清少納言社があります。

才色兼備のご利益があるこちらも私にとっては絶対に参拝しておきたいところ。

この才色兼備お守り(800円)も社務所でいただくことができます。

芸能神社の周り以外にも玉垣はたくさんあります。
芸能人の名前だけでなく、こちらは会社やお店の名前が多いようです。

入口近くには水神社もありました。
運気アップのご利益があるようです。

こちらの龍頭ストラップお守り(800円)も社務所で受け取っているかたがいました。
色が黄・青・桃と選べるのがいいですね。

今回は芸能神社より、祈念神石や弁天神社が目的で車折神社に行ってきました。
車折神社=芸能神社ではない、と車折神社のHPに書いてある通り境内にはいくつも神社がありそれぞれ色んなご利益があります。

男性はもちろん、女性にとっては特に気になるご利益の多い神社だと思います。
嵐山や太秦に行った際にぜひこちらの車折神社でパワーを頂きましょう!

アクセス

【車折神社(くるまざきじんじゃ)

616-8343 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
075-861-0039
参拝時間 9:00〜17:00

コメント