9/13は『天赦日』2018年一番のラッキーデーに何をしたら良い?

未分類

今年の9月13日は『天赦日(てんしゃにち)』です。
年に5〜6回しかないという貴重な開運日で、9月13日は『大安』『一粒万倍日』『神吉日』も重なる2018年一のラッキーデーなのです。

開運日と呼ばれるものはどんなものがあるの?

運のいい日というと『大安』は聞いたことあるのではないでしょうか?
結婚式を行うにあたって『大安』の日は非常に人気です。
逆に『仏滅』というと『良くない日』というイメージがあると思います。

大安・仏滅というのは『六曜』と言って先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種によって構成される暦注の1つ。
六曜における大吉日が『大安』で全てのことに吉と言われています。

特に年配の方はこの六曜を気にされる方が多いように思います。
でも『六曜は迷信』という話もあり、あまり気にしすぎなくても良いのかもしれません。

一方『一粒万倍日』はどうでしょう?
過去に芸能人の結婚報告FAXで『一粒万倍日の今日入籍いたしました』という文章を聞いたことがあるのですが、こちらも『新しいことを始めるのに最適な日』とされる吉日です。

一粒万倍とは、一粒のもみが万倍にも実る稲穂になるという意味で、仕事始めや種まき、お金を出すことに良いと言われています。
しかし、借金など人から物を借りることは苦労が万倍になるので良くないとされています。

『天赦日(てんしゃにち)』とはいったいどんな日?

Wikipediaによると、『この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。』とあり、『天赦日』日本の暦の中で最上の吉日と言われています。

2018年9月のカレンダーを見ても『大安』が5日、『一粒万倍日』が5日あるのに対し、天赦日は2018年の1年間で6回しかありません。

2018年の天赦日は2月1日、2月15日、4月16日、7月1日、9月13日、11月28日です。
6日あるうちの4日はすでに過ぎてしまっています。

最強の開運日『9月13日』『11月28日』、この機会を逃したらもったいないような日ですね。

具体的に何をするのがいいの?

天赦日におすすめなのが、

結婚や入籍

お店の開業

独立

引っ越し

新しいお財布を買う(新しいお財布を使い始める)

 契約

仲直りをする

投資

これらの、運気をあげるきっかけとなることを行うと良いと言われています。

上に書いた以外にも、今までやりたかったけど勇気がでなくてできなかったこと、例えば『ずっと気になってたけど始められなかった趣味を始めたい』『新しい習い事を始めたい』『今まで躊躇していた自分への投資』などなど、自分にとって『大切なこと』を行うには絶好のチャンスなのです!

逆に天赦日にやってはいけないことは?

天赦日は大概のことはゆるされる日であると言っても、犯罪行為などはNGです。
何をしても良いというわけでは無いので注意してください。

また年に数回のラッキーデーならこの日に宝くじを…と考える人もいるかもしれません。
でも『天赦日』は1人だけではなくみんなに平等に訪れるわけです。
なので、天赦日だから当たりやすいというわけではないと思います。

天赦日は『自分だけがいい日』とは考えないほうが良いでしょう。

 

9月13日は今年に残された貴重な天赦日であり、今年もっとも縁起のいい日。
ぜひ自分にとって大事なことに使ってください。

良い1日になりますように。

コメント